可動式フックとS字フックとバネの話

 

朝6時

いつもは自力で起床してもとても早くて9:30、よくあるのは10:50、遅くて15:00なのだが今日は6:00に起床した

 

なんとなくベッドを降りてリビングへ行くと、家族はまだ皆寝ていてカーテンは空いていなく、カーテンから透けて入るのオレンジがかった光とも呼べない暗い色でリビングは包まれていた

ベッドに戻った

 

なんとなく母から借りた屈折くんを寝転びながら少し読み、ふと思った

脳の中の何かが頭頂部につけられているフックにS字フックで引っかかっている気がする

 

あくまで感覚の話なのだが、脳内のフックは頭の内側に取り付けられているがぐるぐる回転できる可動式フックなのだ。

そこにS字フックで何かが引っ掛けられているような感覚が以前からあったが何故か今日初めて「これはフックなのだ」と感じられた。不思議なものである。

 

詳細、私の感覚としては実はこの脳内のフックが可動式、というのがミソだ。

前方は後方にまるで磁力に引っ張られる方位磁針のようにクルクルと回転するフックにS字フックのS型が反転するようねじる様に、捻るように引っ掛けられたりするととても不快になるのだ。

そのようにS字フックが引っ掛けられるとフックの先と引っ掛けられている何か(脳味噌では無い物)を繋いでいるバネがビヨヨ~ンと伸びて、何かがななになって喉の所まで伸びてビヨンビヨンと伸び縮みをして気持ちが悪いのだ。

 

特にこれがどうという訳では無いのだが、今まで確かに存在していた子の不快な感覚は自分にとってこのように表現されるものだったのか、と、ありもしない正体を少し暴けた気になって少し、なんだ、不思議な気持ちなのである。(この不思議な気持ちがどういう風な気持ちなのかは分からないのが少しおかしくて笑ってしまう)

 

自分のこの発見によって不快感が異常なまでに増大した事と、この発見を書き留めたくて慌てておふとんを出てこうして暗くも明るくもないオレンジ色のリビングでパジャマの上だけ着替えてもちもちのぬいぐるみを抱きしめてスマホをピコピコしている。

 

書き留めるのは楽しいけど朝早くからケータイ触るのってなんかャーネ

 

春休み5日目

 

久々に中学の頃の旧友と会った

 

彼女は変わってなかった

僕が気づかないところで変化してるのだろうが、分からなかった

 

知る必要も無い

 

自分がいくら変化しても周りには関係もクソも何も無いのだと思った、そんなん当たり前だった

 

あまり自身の状況に見合った言葉をみつけられないと思っていたが、見つけた

最近見つけた

宙ぶらりんだと思った

 

なんでも言葉にしなけりゃいけないわけじゃないけど言葉にできた時ってなんか嬉しいよね

 

同じ言葉に同じニュアンスをみんながみんな持ってはないかもしれないけど

 

伝えるための媒体が言葉でもそれじゃ伝わんないじゃん100%すべて伝えることは諦めなきゃなんてなんか気持ち悪

いつかの秘密

迷泥


よくみたらチェックだったおじさんのスーツ
ふと見たら丸見えだった女子高生のカバン
淫靡な背徳感と
内側の錆びた鉄の筒
目を伏せた君
隠れた赤
自然さえも糸で吊られてマリオネット
傍観者がいないっていうのは多分ホント
フォークの反対側で神社の土をほじって何かをビニール袋に集めてたおじさんは何のために
love is not best
自分と他人の殴りは違った
希死念慮の拡大拡散破裂
内輪だけで何が楽しい
男子中学生
初めて見た女性タクシードライバー
まるでpuprikaのような
夢を纏ったような
強い女
何のために
ぐずったバカ人間野郎
可愛いと思った
盲目とは何か
雨に洗い流された
吐瀉物の残骸を
見て見ぬ素振りで
彼らに睨まれた今日は
きっと世間では聖なる日だけれども
それでも今日は彼女の誕生日でしかない
朝とは何か
何なのか

無い

 

2017.11.03

 

かっこいいあの子はどこへ行ったのだろうか

 

この世は

必ずしも需要と供給が一致する訳では無い

それを認識していないことがなんと悲しいことか、認識していることがなんと悲しいことか

 

ただ、虚しくなる必要は無いそれが世の常だから

 

みんな必要で、必要でない存在

 

個はいらないのだろう、個を売るものは個を必要としていない

確立された異常で健常正常な個以外はいらないのだ

 

個とはなんだ

2017.07.10

カイバを見た

悪い記憶にいい記憶を潰されてることに

気づいた

明日

学校行こうと思った

友達に迎えを頼んだ

2017.07.03

 

「死んじゃダメだよアイツらに負けたことになるそんなんで言い訳ないだろうちらは生きて、売れなきゃいけないんだ

死なないで」

カラーコンタクト越しでも彼女の熱が自分の脳味噌までとどいた

カッコいい

この子についてこう、と思った

 

生きるって思った

2017.07.03

 

にんげんの左胸が輝いているロゴを見た

自分にはそんなに心臓持ち合わせていないので

 

ところでクイックにクイックルにワイピングをしたところで沢山のワイピング野郎に付着していたゴミ虫共がまたワイワイしてくるのだ集合解散何の生産性のない行動を起こすのだ

 

世界は不況に陥っている

負のサイクルだ

そうこうしているうちに沢山の人々、動物を殺してきた乗用車などの身の回りに溢れて溢れて邪魔になりつつある殺人兵器はのうのうと金を取って生活している

 

憲法はどうなったというのだ不公平だ

良い意味で、悪い意味で不公平だ

 

そうしてるうちにレッスンれれ

過呼吸だったり何だったり過去の自分を見てるようだった

行き来して、時間を費やして、ダメかと思ったけど、駅

 

 

過去の自分だなんてそんな甘いもんじゃなかった壮絶で凄惨で思っていたよりも過酷だった

 

過酷な人生を知ったけれど、実際クソみてーな人生を送っていたのはかえって自分だったんじゃないかなと思った